トップ | ログイン

馬場俊英さんの日本一を目指す男の渾身の偽装ドラマ・・・

by グリーグひろい

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
「ごはんそんなに山盛りにつがなくてもおかわりありますから!」(6日目)
凍死寸前でした・・・。
温泉に入って温もって一杯やって、結構温かい状態で寝袋に入って寝付けたものの、気がつくと、外は大雨、台風並の突風・・そして寒さで目が覚めるという最悪の目覚め。。。
時間はまだ午前5時。
とにかくじっとしてても寒いので、まだ眠ってる岡ちゃんをよそにジョギング&缶コーヒーで体を温め、それでも寒いので雨はやんだけどレインコートを着てなんとかあったかくなる。
そして、昨日小田町で買ったカラフル餅とヒガシヤマを食べる・・・
e0052909_15151268.jpg

その後、岡ちゃんも寒さで起床!
で、岡ちゃんがテントを撤収している間に、こっそり先にスタートして距離の貯金作ってやろう・・・と思い、、
「ちょっとゴミすててくるなぁ!」
ってハッタリかまして、山抜け道を使ってそのまま出発してやろう!道もあんまり分からない山道に向け出発。。。

こっからは遭難の道中記・・・。
最初は山登って5分くらいでこんなところでのんびり観光してたんです・・・。
これすごくないですか???
e0052909_15172116.jpg

なんであんな場所に不動明王が・・・。
不動明王の存在も気になるけど、あそこに不動明王が置かれた作業工程が見てみたい!

見物も終わって抜け道を探しにさらに山奥へ・・・

山には歩き遍路専用の「へんろ道」ってのがあるんだけど、それを探して山道を進むも全く人の気さえしない山道に入っていく。。。
一応、車が通った後がくっきりあるんで、最悪な状態になっても、1日1台通るじゃろう・・・という安心感と、車が通る以上、大きな道に出る抜け道があるはず!という変な思い込みから朝で体力もたっぷりあったのでどんどんどんどん進む・・・。

そして、、、
e0052909_1518121.jpg

20分、30分と進んでいって、こんな樹海を予告するかのような記念碑が(T_T)

でも結構登ってきたんで、ここまで来たら帰るわけには行かないってなって、ムキになってどんどん上がっていくものの、道がどんどん昨日の大雨でぬかるんできて、過去に人が通った気配すら感じない、車の痕跡も極薄、まっすぐにたかーく伸びた杉の木に囲まれていよいよ遭難モードに。。。
e0052909_1519581.jpg

今振り返ると恐ろしい体験じゃなぁ(T_T)
このまっすぐに伸びた無数の木々を見ていたら、
「うそをつかずにまっすぐ正直に生きなさい!」
って説教されている気分になって本当に半べそかきました(T_T)

気がつけば・・・・
e0052909_15204541.jpg

街は見えるもののこんなに離れてしまってる。。。
こんなとこから抜け道なんてあるはずない・・・

既にケータイの電波も入らず、途中に2、3ヶ所勘で分かれ道を進んで訳のわからない状況になっていて、SOSすら出せない状況・・・。
本当に怖くなったものの、どうすることも出来ず、とりあえず運に任せて、もう少し登ってみるものの、ついに登るのも困難なぬかるみ道でジ・エンド。。。

唯一の救いは、まだ朝だったことと、今までずっと登り続けてきていたので、ずっと下ってれば帰れるということ。。。
とはいえ、ぬかるみ道&デコボコ道はバランスも悪くてこけそうだったし、泥まみれになった。

結局1時間ほど登って30分ほどかけて降りてなんとか生還_(_^_)_

あげく、オカモト君は先に出発するどころか心配して、僕を探しに来てくれていて、麓で鉢合わせした。。。

オカモトくんにも心配をかけ、スタートも遅れさせてしまい、さすがの仏様も僕の岡ちゃんに対する「3回目のどっきり」は、「仏の顔も三度まで」とは行かず、遭難という罰を与えてくださいました_(_^_)_
深く反省しています・・・。
岡ちゃんごめんね。。。
こんな感じで、今日ものっけから、仏様を感じながらのスタートとなった6日目。

岡ちゃんの後ろ姿を再び見て走ることができて、、、
e0052909_15215099.jpg

「生」を実感!
生きててよかった♪

そして、今日はいよいよ松山市内上陸です♪
しかし、上陸にはまた峠越えが待っています_(_^_)_

三坂峠という、2時間近く登りっぱなしの峠・・・。
この日は思いっきり向かい風で、自転車は進まないし、花粉もすごくて散々な日。。。

朝から予期せぬ遭難で、体力をずいぶん消耗してしまってたんで、ちょっと肉体的精神的にリセットして峠に挑もうと、ふもとの定食屋で食事!
e0052909_15224979.jpg

う~ん。超昔なつかしの定食。。。
普段なら食べれないような、地味なおかず達に囲まれた定食だったけど、やっぱりお遍路中は何を食べてもおいしいし、何を出されてもありがたい♪
ご飯と味噌汁をお代わりさせていただき、満腹にさせていただいた!

ガッツり食べてると、岡ちゃんも定食屋に登場!
このあたりから、お互い別行動していても、お互い定食なりうどんなりでどっちかが追いつく・・
っていう2人の呼吸というか、システムが構築☆彡

そして、また岡ちゃんリードで自転車再開!

風はきつかったし、朝の無駄な疲れもあって、正直しんどかったけど、旅も1週間ほどたち、筋肉も出来上がってきたのか、ぐいぐい1時間ちょい登って・・・
e0052909_15234986.jpg

最高点到着!
「見たか!三坂峠!」
こういう峠を登りきると、ものすごい充実感でいっぱいになってニコニコになる(^_^)v

そして、がんばって登りきった後の景色のご褒美☆彡
e0052909_15244660.jpg

これがたまらん・・・。
車じゃったら達成感もないし、まさに自転車ならでは!
こんな高い場所に自分の力で登ったんだ!自分を自分で褒めてやろう・・・。

そして、さっき寄った定食屋の人に、46番浄瑠璃寺までの一本道の近道を教えていただいたので、その通り進むとまたすごい景色・・・
e0052909_15253422.jpg

ミニ四駆になった気分\(◎o◎)/!
すげー道が下でまっちょるぞー・・・。

真っ逆さまに道を降りてると、綺麗なウメの木に急ブレーキ!
e0052909_15273371.jpg

ゴエモン号と記念撮影♪

もうすっかり春なんだなぁ・・・
(しかし、この後あんなに冬の寒さがぶり返してくるとは・・・到底予想していない・・・)

そして下り始めると、どんどん景色は街になっていき、浄瑠璃寺にはあっという間に到着!

浄瑠璃寺には、いろんな「石」が置いてあって楽しかった♪
e0052909_152932100.jpg

お釈迦様が説法された場所の石が埋め込まれているという「説法石」や・・・
e0052909_15301691.jpg

仏様の足型に、裸足で踏むと、交通安全祈願ができるという、「仏足石」
e0052909_1531732.jpg

ここでまた、岡ちゃんと合流!
「仏足石」に乗り気合を入れる。。。

すぐそばの47番八坂寺には・・・
e0052909_15321946.jpg

閻魔大王の閻魔堂まで登場!
ちゃんとしたお寺にも閻魔様は奉られてるんじゃなぁ・・・。

ちなみに写真で、岡ちゃんが小さなトンネルにくぐってますが、左右にそれぞれ、「地獄の道」と「天国の道」と2つのトンネルがあって、中におもしろい絵が書いてあります!
八坂寺にお寄りの際はぜひ!

そして、48番西林寺へ・・・。
e0052909_15331823.jpg
交通量の比較的多い道に面したお寺ではあるけど、静かで雰囲気のいいお寺。

そんな雰囲気に和んでいるネコちゃんも登場!
e0052909_1535326.jpg
うん、このお寺にぴったり♪

そして、お寺で休憩していた女子高生に恒例の行き当たりばったりマジック&空手ショー開催♪
e0052909_1537363.jpg
&記念写真♪
e0052909_15362492.jpg
お寺でのんびりする古風な女子高生に2人とも「いい子じゃなぁ・・・」と感動。
だって、普通最近の子だったら、カラオケとかマックとか時間つぶしの場所なんかいくらでもある中で、お寺をチョイスし、静けさの中、のんびりしている姿はもう愛媛の宝です♪
流行にも、時間の流れにも流されない、自分をしっかり持った子なんだろうなぁ。
一回り歳が違うけど、またいい人に出会い、そして自分らしく生きるヒントをもらった・・・。

岡ちゃんもこの子を気に入って、持参のトイカメラで、モデルのように撮影場所と、ポーズと表情を指定して記念撮影していた♪

素敵な時間をほんとにありがとうね♪
また、よかったらコメント入れてね!
いい看護士になるんだよ☆彡

楽しい時間を過ごしている間に17時になってしまい、お寺参りも終了・・・。
今日は、久しぶりにちゃんと疲れを取ろう!
ってことで、ユースホステルに泊まることに♪

ユースホステルを選んだのは、この次の日に行く行きつけのユースホステルがすごくいいとこで、ユースホステルならどこもいいとこだろう。。。っていう得意の思い込みで僕が岡ちゃんにPUSHして泊まることに!

そして、宿探し・・・
e0052909_15385211.jpg
ところが、市内となると、道が複雑。。。
早速道に迷い、一気に人通りの多い道に飛び出てしまい、一気に注目の的に。。。
お遍路さんにとって、市内での行動は浮いてしまうため、とても住みにくいのである。。。

そして試行錯誤の後、途中火事の現場にも遭遇という、なんだか今夜は何か起きてしまいそうな胸騒ぎを覚えながら、なんとかユースホステルに到着!
e0052909_15393491.jpg
黄色いでしょ?
この黄色を発端にして、この夜ユースホステルに2人とも完全に翻弄されることとなるとは・・・

ご飯はめっちゃおいしかったです!
ご飯が白米、麦ご飯、十五穀米と3つジャーがあって、お替りし放題!

この時に本日の名言がホテルのスタッフの方から飛び出す!

「ごはんそんなに山盛りにつがなくてもおかわりありますから!」

お替り自由なわけだから、ご飯普通についで、食べたらまた入れに行けばいいのに、食べ物にすっかり貪欲になっている僕らは、誰にも渡さない・・・的な勢いで、山盛りに欲張って盛って、笑けるアドバイスを受けてしまう・・・。
おれら子どもか\(◎o◎)/!
e0052909_15414228.jpg

でも、この一言すらも話のおかずになって楽しくおいしく綺麗に完食!!!

そして食後は、、、
e0052909_15442334.jpg
パソコン♪やっぱインターネット人間じゃわぁ・・・(・o・)パソコンがないとちょっと生きていけないかも・・・

その他、余暇空間は充実していて、いろんなマンガや癒しグッズに囲まれて、決して居心地は悪くないのだが・・・

ところどころに見かけるエスパーな張り紙・・・
e0052909_15465715.jpg

スプーン曲げ講座???

これはなんだ・・・
e0052909_15484217.jpg
波動調整講座?!?!?!
しかも22時から!
遅!!!!

しかしさらに上には上があって、、
e0052909_15453397.jpg
23時からかよ・・・
遅せーなぁ\(◎o◎)/!

とにかくこのユースホステル、こういう常識はずれのおかしなことが満載!!!
最初の1時間はとんでもないとこに泊まりに着てしまった・・・って正直凹んだ2人でしたが・・・

こういう張り紙や内部を探検して、いろんなシステムや構造、波動のメカニズム等々理解してくると、どんどん楽しくなってきて(おそらく洗脳されたんでしょう・・・)元気になりました!

言ってみるとわかりますが、本当に不思議なところです。。。

自動販売機に変な装置が付いていて、15分ごとに変な音が鳴って電磁波カットしてたり、館内の水は波動の高い蘇生水が使われていたり、(波動が高いってどういう意味じゃ???)、2泊目以上宿泊すると、秘密の屋根裏部屋に入ることができたり、平野大統領の不思議体験講座という、さっき言った深夜に行われる様々な不思議講座があったり、指先から出てる「気」を撮影してくれるキルリアン撮影や、体のオーラを撮影するオーラ撮影もしてもらえます。

一見うさんいけど、もう一回ここ来ようって本気で思えるおもしろいとこでした♪
次回は絶対超能力スプーン曲げ講座受講するぞ!!!!

この後、旅の最後まで2人の間で
「波動」
という言葉が流行語になりました☆彡


国民宿舎古岩屋荘→三坂峠→松山市内入り→46番浄瑠璃寺→47番八坂寺→
48番西林寺→松山ユースホステル宿泊

by piiiiiiiii | 2007-02-28 21:51
「縁」という字を28年間「緑」と間違えていた男!(5日目)
気持ちのいい朝をこんないい感じの田舎で迎えました♪
e0052909_163196.jpg

しかし、今日の天気は60%の雨予報!
あまりの居心地のよさとキャッチーな町の雰囲気に、
「雨降って山登りはきついから、もう一泊連泊して町を散策するか??」という、案がでたほど_(_^_)_

そう、今日は峠越え&山登りが待っている・・・。
普通でもしんどいのに、雨でかっぱかぶって、体中雨と汗でグッチャグッチャになりながら行くのはいやじゃなぁ(T_T)

そして追い討ちをかけるように、この大師堂には、鍋や食器が一通り用意されているから、オカモトくんが、
「旅の間に、1回は鍋したいっすよね・・・」
ってほのめかすもんだから、
僕も「いいねぇ・・・」
ってなって8割方連泊しそうになったのだが、自分の慢心さが気になったのと、雨に打たれながら走るのもいい修行!って思いがあったので、幸いまだ出発の段階では降ってなかったので、出発することに決める!

とりあえず腹ごしらえに!と朝食がてら、そばの道の駅に立ち寄る!
もちろん自転車も防水武装!
e0052909_1553445.jpg
僕は、ザックカバーを用意してなかったんで、ゴミ袋で対応!
十分これでいけた♪

入り口らへんでうろうろしていると、中から道の駅の店員のおかあさんというか、マダムな感じの綺麗なおかあさんが出てきて、いろいろ話し掛けに来てくれて、周辺の旅館とかの情報が載った地図をプレゼントしてくれた☆:::

その後も暇を見つけては、息子さんも自転車で遍路をされたことがあるそうで、
「僕らを見ていたら、懐かしい気がするから・・・」
と、町の話や今まで町を通過した遍路の話などをいろいろおしゃべりしてくれた♪

この「小田町」ってところは、オカモトくんと2人で感動したんだけど、とにかくこどもからお年寄りまで、みんな気持ちよくあいさつをしてくれるとってもあったかい田舎だ。
結構、旅も数日たって、いろんなところを通過してるけど、こんな気持ちの良い町は類をみない・・・。

そのことをマダム風のおかあさんにいったら、
「この町の子は、みんなあいさつをきちんと教えてきてるから出来るんよ!」
って自信満々の表情で嬉しそうに話す姿に、この町のよさをすべてみた気がした☆:::
自分の町に誇りを持ってる姿に、ぼくは心から感動した!

それに、この「小田町」とマダムママと僕ら2人は意外な形でリンクしていた。

まず、僕が生まれた町は小田郡で、この町にも小田川が流れてるけど、僕の地元も同じように小田川が流れている・・・。
そして、岡ちゃんは京都の大学に行っているが、ママの娘さんだったか息子さんだったかも京都の大学生!
ちなみに岡ちゃんは山口出身だけど、僕も知名に山口が付く場所に住んでいるなどなど・・・
リンクだらけ\(◎o◎)/!


すげー「縁」だな・・・。
マダムママの好きな言葉「一期一会」そのままの出会い☆彡

岡ちゃんなんか、「永住したいです・・・。」とほのめかす始末。。。

町の女子高生といい触れ合いがあったみたいで、とにかく町の誰しもの人柄の良さにほれ込んでしまっているようだ。。。

で、せっかくだから食料を購入しに店内へ・・・
すると・・・
e0052909_15543172.jpg

なんじゃ、このボリュームは\(◎o◎)/!
ほんとに280円でやってくれるぜ、小田町♪

この町は、利益関係なしに、町外から来た人間を根っから歓迎し、とにかくあったかくもてなそうという心にあふれている、やさしさで温暖化状態の町だった・・・。

挙句の果てに、たくさん買ったら買った中のひとつ、「ハチミツ蒸しパン」に張ってある値札シールをおもむろにはがして、おまけにしてくれた・・・。
もう、この町に永住というか、このおかあさんの息子になりたいと思ったくらいの感動・・・。

そして、僕はお礼に、昨日から始めた、「マジック遍路」を披露☆::::
岡ちゃんは、空手の演舞を道の駅で舞う!

道の駅でマジックしたり空手舞ったり、こんな遍路ブラザーズおらんじゃろうな・・・。
それが逆に新しくて、気持ちいんだけど♪

そして、マダムママと3人で記念撮影(^_^)v
e0052909_15551585.jpg

本当に、ありがとうございました(T_T)

さぁ、マッタリしたあとは・・・
e0052909_15563157.jpg

山登りだ_(_^_)_
まるで箱根駅伝の5区じゃな・・・。

途中菜の花と記念撮影♪
こうやって休憩入れながら登ってないとやってられん(T_T)
e0052909_1557578.jpg

そしていつしか岡ちゃんにも離され一人旅に。。。
単独2位になってからは自分のペースでゆっくり進む・・・。

雨もだんだん降り始めて、行く道の先を見ればメッチャ登ってる・・・。
この景色はさすがに萎えるよ・・・。
あのガードレールの上までいくんよなぁ。。。
e0052909_16092.jpg

でも必死に耐えながら登っていると、、、
e0052909_1604847.jpg

いつかは着くもんなんです♪

こうやってきつい道のりを登りきって、最初うんざりしながら眺めてた場所を上から眺めると、山に勝ったような気持ちになって、自然に
「おらぁ!!!!のぼったどー!」
と山に向かって勝ち名乗りをあげてすっきり!
なんか、山にも勝った気分だけど、同時に自分に勝った気分にもなれてすっごく気持ちいいんです♪
こういう写真で改めて「下から見た景色、上から見た景色」をみてると、人生も、一気に成し遂げようと夢や目標を追いかけるんじゃなくって、目先の目標から確実に達成してステップアップして達成いけばいいんだな。。。っていうメッセージも感じる。
山を登るように、目に見える位置をとりあえず目標を置いて、とりあえずそこまで頑張る!
その先のことはそこに着いて、またその先を見て改めて進むかギブするか考えればいい!
「もうやめたいけど、あのカーブまで頑張ろう、あのガードレールまで意地でも立ち漕ぎしよう・・・」
四国の山道は、自問自答の繰り返しだ。
心が何回も折れかけて、あきらめかけて、その繰り返しがつながって、気がつけばお寺まで頑張ってる自分がいる。
こんな人生観までも変わってくるたかが自転車、されど自転車。
人生と四国の道がいい感じにリンクするんだよなぁ・・・。

28歳にして、焦らず一歩一歩確実に夢に近づいていく姿勢を心に悟った、山登り。

峠のてっぺんでお昼休憩!
e0052909_1614393.jpg

こんなカラフルなお餅食ったことないなぁ\(◎o◎)/!
そして、ヒガシヤマ???
e0052909_1624870.jpg

てんぷらがメッチャうまかった・・・
でも、登りきった時は暑かったんだけど、ご飯食べてるとどんどん寒くなってきた\(◎o◎)/
だから、雨は嫌なんだよ・・・

おなかいっぱいになって、午前中の山登りから一転、一気に山下り!

最速45キロというスピードでぐんぐん降りてる途中に寄り道♪
e0052909_164522.jpg

なんの博士かな??
とりあえず飲むと頭がよくなりそうなんで・・・
e0052909_1644331.jpg

うん、おいしい♪
水がおいしいって思えることも四国遍路ならでは!
普段、水なんか全然飲まないんだけどね・・・。
追い込まれると、水もおいしすぎる(T_T)

峠を越えて、町になってきた!
あ、ネコ発見♪
e0052909_1655268.jpg

時々動物に会うと癒される・・・

そして、やっとこさ44番大寶寺に到着!
門前の売店を通ると、既に岡ちゃんが到着して、お餅を食いながら一服していた!

で、ここで岡ちゃんサプライズ!
最初のほうで行動を共にしていた歩き&タクシー遍路の外人遍路の人と、もう会えないだろうと思ってたら、この寺で再開して今、お参りに行っているとのこと!

僕も初めて外国の人にマジックを見せれるチャンスとあって興奮反面、言葉がしゃべれないっていうリアルな不安反面、とにかく僕も急いで、お勤めへ・・・
e0052909_167325.jpg

お勤めを終えて下りると、茶屋にいらっしゃったので、、、

やったぁ!人生初の外人さん相手のマジック♪
e0052909_1684893.jpg

さすが、外人さん!
リアクションがDVDで見たことある、リアルリアクション(^_^)v
気持ちいい♪

もちろん、サインも・・・
e0052909_1694453.jpg

3人で記念撮影大会がはじまり、お店のおばちゃんにシャッターをお願いしたんだけど・・・
e0052909_16104119.jpg

2回お願いしたんだけど、手ぶれ防げず(T_T)
でも、このお店のおばちゃんにはあったかいコーヒーを接待していただいて、雨で冷たくなった体を温めることができました!ありがとうございました♪
お礼にこの店でマジックもしましたが、「財布紛失防止」&「ゴエモン追悼&オレもネコになる!」というで、「鈴」を買いました♪今も大事にしてますよ!

そして、ロバートさんっていう外人さんなんですが、岡ちゃんの空手にノリノリになり・・・
e0052909_16115956.jpg

自身も空手か格闘技だったかされてるそうで、演舞を披露♪

そして・・・
e0052909_16122056.jpg

売店でストリートファイト!!!!

マジックも言葉を超えるけど、空手や格闘技も言葉いらんなぁ・・・。
最高のボディランゲージじゃわ(^_^)v

そして、何よりも驚きが、岡ちゃんの英語力!
自分の持ってる英語知識をフル活用して、物怖じするどころかどんどん話しを自分からしてる。
この男すげーなって本当に思った。
さすが、高校で生徒会長をしてただけのことはあるよ、この度胸すごい・・・。
こうやって、岡ちゃんを見ていても、自分に足りないものや、改めなきゃいけない自分の姿勢が見えてきて、勉強になる。。。
お大師様も粋な連れを用意してくださったものだ。。。感謝(T_T)
おれも、この積極性、度胸見習わんとね!

ちなみに、
「岡ちゃんはロバートはクマみたい・・・」ってずっと言っていて、
ロバートさんにも、通訳して、「クマ is Bear.」って日本語訳を伝えてたんだけど、この奇跡的に出会った場所が、
久万(クマ)町!

まさに「クマ is Bear!!!」だったんですよ☆彡今日もすごい「縁」連発(T_T)

まさかの再会に岡ちゃんも感動して、2人とも飽和状態にまま、45番岩屋寺を目指す。

相変わらず、岡ちゃん早いなぁ・・・
e0052909_16131636.jpg

そうこう進んでいると・・・・・・
e0052909_16135771.jpg

でたぁ!!!!!
エアインチョコのような、不思議な岩山・・・。
この山を皮切りに、景色や雰囲気は、一気に神秘的なムードに・・・。

岩屋寺に到着!
これもすごい!!!!
e0052909_16151328.jpg

お寺までの山道にお地蔵さんがお出迎え♪
まさに壮観・・・・。
生で体感していただきたい空気感!
e0052909_16165364.jpg

そして、お寺に到着!!!

しかし、原因不明の手ぶれの連発・・・。
岩屋寺では、いい写真がなぜか1枚も撮れなかった。。。
記憶にガッチリ残ったお寺だっただけに残念(T_T)

このお寺は、NHKの特番とかでも見たことがあった
「岩にめり込むように建てられてる不思議なお寺」

です!
これは、生で見たら、思わず声でますよ・・・。

なんで、こんな場所に建てたんだろう・・・
お堂の中は、どんなになってるんだろう・・・

疑問符でいっぱい\(◎o◎)/!
だって建物すべてが、岩にめり込んでるんですよ!!!
岩にめり込んでるのか、岩がめり込んでるのか、どっちにしても神秘!

本堂横には、こんなアスレチックなものも。。。
e0052909_16175356.jpg

巨大はしごで、岩場のくぼみにつながってます♪

僕も登ったんですけど、降りるのが本当に怖くって腰引けちゃいました(T_T)
ちなみに、このはしごのてっぺんに座って、須藤元気も写真撮ってましたね♪
いたるところが神秘の塊の岩屋寺!
一見の価値絶対ありですよ☆::::

そして、結果的に雨で大変な一日だったけど、雨のおかげで、神秘さをましていたというか、普段見れないような、お寺や山の雰囲気を味わうことができた気がして、山を下りる頃には、2人とも大満足でした♪

で、17時も過ぎたし、野宿場所探し!!!
今日は、あらかじめ2人で目をつけていた、
国民宿舎古岩屋荘のとなりの休憩所・・・
この後、ここで野宿したことを説明するたびに、ややこしくなった野宿場所です・・・。
ここまで来てるんなら、泊まれよ!って話ですよね。。。
でも、節約節約_(_^_)_

昨日は風呂入ってなかったし、雨で体は冷え冷えだったんで、今日の風呂は最高でした♪

そして、夕食!
国民宿舎のレストランで食べたんだけど、終了間際ということで、作れないメニューが続出して選択肢が限られてしまう。。。

とにかくあったかいものが食べたかったんで、鍋焼きうどんをチョイス!!!
e0052909_1620833.jpg

大盛りをはじめお願いしたんだけど、大盛り用の器がもうないから・・・と変な理由で断られ仕方なく並盛りで注文し、店員さんも閉店間際に訳のわからない若者2人の登場に、めんどくさいんじゃろうな・・・と、2人で罰悪い気分になってうどんを待ってたら、
「今までやったことがないんですが・・・」
と、並用の鍋に2玉うどんを入れてサービスで持ってきてくださりました(T_T)
こんな親切が土壇場であるとは思わなくって、悪く解釈しててごめんなさいと、心の中でお店の人とお大師様に謝罪!本当にありがとうございました_(_^_)_

体もあったまって体も服も綺麗になっておなかもいっぱいになって、締めは・・・
e0052909_16205292.jpg

飲みです♪

かといって閉館時間が9時なんで、ドンチャン騒ぎもできないし、かといって外は寒いし、そうこうしているうちに9時になっちゃたんで、、、
e0052909_16213313.jpg

静かに館内に残って、スタンディングバーで楽しみました♪
この日もいい酒だった(^_^)vいろんなことあったしね!

そして、宴の心地よさが一気に覚める野宿へ・・・。
e0052909_16221259.jpg

体があったかいうちに早くねーよぉ_(_^_)_


小田町→久万町→44番大寶寺→45番岩屋寺→国民宿舎古岩屋荘横休憩所で野宿
by piiiiiiiii | 2007-02-27 23:07
Give&Take!Take&Give!(4日目)
あったかい布団でぐっすり眠り、朝もおいしい精進料理を同じく泊まってた遍路仲間と・・・
e0052909_0255859.jpg
たらふくいただきいよいよ出発の時となった。
おばちゃんと岡本くんと!
e0052909_025337.jpg

&超人見知りミニチュアダックスのちょっと太り気味のチョビちゃん♪
e0052909_921283.jpg


何かこういう時にお礼ができないかと‥3年前の旅の時はウクレレをお礼に歌いながら周ったんだけど、今回は荷物にもならなくてすぐできる「マジック」を選んだ☆

「それぞれのお礼のカタチ」

純粋な心のおばちゃんは案の定マジックに翻弄されて、
「なんで?なんで?」
を連発して喜んでくださった。

「そういうのがあっていいですね、僕なにもできないっすよ‥」
と言っていた岡本くんだったが庭にでると、
「こんなことしかできませんが‥」
と、空手の型の演舞を見せてくれた。

気合いの入った演舞の迫力に始めはシャッターチャンス!
e0052909_0305492.jpg

と、写真を撮っていた僕も見入ってしまい手が止まった。

始めて空手の演舞みたけど、かっこよかった。
お礼の仕方は人それぞれ。気持ちさえ入っていれば伝わるものなんだなと、今日も朝からいい体験をさせてもらった☆

「マジック遍路」

おばちゃんの善根宿を出発し、近くの43番の明石寺をうつ。
なかなか風情のあるお寺で朝から清い気持ちになれた。
門前では今日も遍路のおばちゃんからお饅頭や飴の接待をしていただき感謝の連続。
e0052909_16273690.jpg

門前の休憩所の方がお茶入れてますので休んでいってくださいと言ってくださったので岡本くんと少しお茶をする。

で、おもむろに荷物整理をしていると始め、岡本くんに会ったときマジックをして箱にサインをしてもらったんだけど、道中の揺れで消えそうになってたので、ひらめいた!

「旅の間にトランプ54枚にサインしてもらおう!」

そう、旅の間に52枚52人にマジックを見せるノルマ的なものを自分に科してみた!
なんか自分らしくてこのアイデアは気に入った☆

さっそく岡本くんにサインしてもらい、善根宿のおばちゃんにもマジックをみせたので、サインしてもらわねば!とわざわざ宿に僕は戻ることにし、ここで岡本君とまた後で!と別れる。

一旦宿に戻って、サインをしていただいて、おばちゃんがついでに近道を教えてくださったので言われたとおり走ると・・・

岡本くん発見!
e0052909_16282788.jpg

岡ちゃんは、歩き遍路の人と出会うと、いったん自転車を降りて、丁寧に一人一人の出会いを大切に話をしながら行っているからすごい!

人見知り克服が目標の僕には、簡単にできることじゃないから正直うらやましい限りだし、このコミュニケーション能力は、岡ちゃんのもって生まれた才能というか、人間性が表れてる気がして年下ながらすごく尊敬してしまう。。。
それでいて若干20歳・・・すげーなぁ☆:::

この時もプチ奇跡が起きます!

僕は、荷物が重くて、とにかくこの自転車のだるさを何とかしたくって、とりあえず荷台を改造しようと、ホームセンターを目指して急いでいて、一旦は併走することもなく2人を追い抜いたんですが、100メートル程先に行ったときに、携帯のネックストラップが切れて落下して、直してる間に2人に追いつかれて、結果的にこのおかげで、岡ちゃんは僕がシャッターを切ってその方と写真を撮れて、僕もついでにマジックを見ていただいて、サインをいただけた。。。

ストラップが切れてなかったら生まれてなかった出来事・・・。
やっぱ、うまく操っていただいてるわぁ・・・お大師様に♪

ちなみにこの歩き遍路さんは津軽三味線を持って歩かれていて、行く先々で演奏しながらそのお金で、四国を周られてるそうで、なんだかうらやましい限りの旅をされていた。

でも、それを知って僕も、次また周れる機会があったら、
「四国をストリートマジックで席巻しながら88ヶ所巡ってみたい☆::::」
という、考えただけでもワクワクするプランが誕生した!

とりあえず、1ヶ月以上対応できるだけのレパートリーを本州に戻ったら磨かないとね!

そして、それから1時間ほど走って、やっとホームセンターに到着!
なんとか荷物が軽くならないか・・・
と試行錯誤した結果、後ろの荷台にすのこをくくりつけて横に安定する土台を作って、リュックを背負わずにくくりつけて走ることにして、こんな感じで設置!
e0052909_1629323.jpg

このアナログなひらめきが功を奏して、体の負担は劇的に激減!
たちこぎもできるようになってスピードも2倍近くアップ♪
まさに、僕のご本尊様、勢至菩薩さまの
「知恵に光明が差す・・・」
という、言葉どおり、ここも知恵でしのぎきって、これでやっとやーーーっと、自転車でまともに走れるようになった♪

そして、道中、ガイドブックにも乗っていた、お遍路の野宿ポイントの聖地!
「十夜ヶ橋」発見!
e0052909_16295652.jpg

この橋は、この橋の下で今も弘法大師が眠っているから杖を突いて歩いてはいけない・・
っていう言い伝えが今でもある、伝説の場所・・・。

弘法大師が、この橋の下で野宿をしたときに、夜も橋を歩く人の足音や声がうるさくって、一晩の野宿が10日分の夜位に長く感じたから、「十夜ヶ橋」とついたそうですよ!
勉強になりましたか???


で、ここではもちろん野宿もできるんですが、
鳩の量にびっくり\(◎o◎)/!
e0052909_1630427.jpg

おれは、川にいる鯉のえさに買って投げてたのに、鳩たちがえさに殺到・・・。
結局すっかり鳩と仲良しになってしまいました♪
e0052909_1631498.jpg

ここはなかなかおもしろい場所だったなぁ・・・
また来ようっと♪

自転車も軽くなって、楽しい体験もして、あとは行けるとこまで走るのみ!
しかし、時間は既に14時30分で、次の44番大寶寺、45番岩屋寺は距離的な面と、こっから山に登る形になるルートから考えても、途中野宿は必死・・・。

でも、ここ2日間の岡ちゃんとの野宿体験や善根宿体験で、精神的にも「遍路魂」が出来上がりつつあったので、当初のような野宿の不安もほとんどなく、むしろ、どこで野宿しようかと、戦略的にガイドの野宿ポイントとにらめっこしながら、サバイバル料理の材料を買って夕食に備えたりいろいろしてると、どんどんテンションがあがって、どんどん人気のない山の中につき進んでいった!

そして、いいペースで自転車を飛ばし、5時過ぎには野宿ポイントになるバス停が群生してる広田村っていう村の付近にたどり着く。

でも、この付近で大きな道が2本に分かれてるはずなんだけど、それらしい分かれ道を通過した実感がなくて、夕暮れがかった中、たまたま見かけた近くの方に、道を尋ねると、

その分かれ道は行き過ぎている・・・
とのこと。。。

そういや、20分ほど前にわかりずらかったけど、それらしき道があったようななかったような・・・
と思いながらも、夜は刻一刻と迫っていたので、戻るのはタイムロスだけど、ガイドどおり進めば絶対野塾ポイントはあるはずなので引き返すことにする。

そんな引き返し始めたまさにその時、一本の電話!

岡ちゃんからである・・・。
話によると、岡ちゃんは僕が間違って進んでいた道をそのまま進んで、行き着いた先にとても快適な遍路用の大師堂があってそこでゆっくりしているとのこと。

すっかり気分は野宿モードだったけど、刻々と迫る夜のプレッシャーと、めっちゃ快適!という言葉、そして、岡ちゃんとまた楽しい夜が過ごせる期待感が僕を最逆走させ、ガイドとは別ルートでひたすら走った!

そして到着しました、大師堂!
e0052909_16324530.jpg

寒くて手ぶれしちゃっててすいません・・・。
ここは、町の方々が丁寧に管理されている大師堂で、電気も水道も完備されていて、布団まで用意されていました。

今日は野宿でも全然よかったけど、やっぱり建物の中で、布団でゆっくり安心して休めるのが1番だなぁ。。。
本当に感謝(T_T)

昨日は、僕の思いつきの行動が、岡ちゃんを地獄から天国に救った格好になったけど、今日は岡ちゃんの一本の電話に逆に救われた♪
まさにGive&Take!Take&give!

こういうことが起こると人生は、いいことも悪いことも、50%/50%(フィフティーフィフティー)にうまいことできてるんだぁって実感する。

幸せすぎる時あふれている幸せは、あふれている分だけ幸せの足りない人に分けてあげたらいいし、苦しい時は、苦しい分だけ幸せを、感謝の気持ちを持って分けてもらってもいいと思う。

要は、欲張り過ぎないこと、苦しみすぎないことだと思う。
常にシンプルに必要最低限の幸せで旅しているこの数日間は、本当に気持ちがいい!
日常生活ってそう考えたら余分なものに囲まれて、余分な心配や余分な欲望に翻弄されて、本当に疲れる環境なんだろうなって客観的に何かが見えた。

だから、こんなシンプルな構造の大師堂が僕らはチョー快適に感じれた。

そして、自然に大師堂に入ったとき、感謝の気持ちで真っ先に大師堂内の弘法大師のお堂に般若心経を唱えた。
「宗教心」なんてほとんどない、岡ちゃんとおれだけど、宗教がどうこうとかいう問題じゃなく、ただただ「感謝」の思いを、「般若心経」に言葉を変えて弘法大師様に伝えたかった。

数日前までは、普通に若者の生活を自由にお気楽に送っていた2人が、気がつけば自然にお経を唱えている・・・。
四国って不思議じゃなぁ・・・。つくづく思う(T_T)
来て4日目だけど、早くも「また来てよかったなぁ・・・」って感慨に浸った。

僕ら流の合ってるのか合ってないのかわからないお勤めを終えて落ち着くと、サバイバルクッキング♪

今日は途中、八百屋さんで買ったおいしそうなほうれんそうとツナ缶で作った、・・・
e0052909_16332616.jpg

「ほうれん草パスタ」
これはね、味付けを、「お茶漬けの素」でやってるんですよ!
これが、また合うの!!!
絶対試してみてください♪

もう一品、、、
e0052909_1634485.jpg

途中半額のおにぎりも買ったんでしょうゆ塗って「焼きおにぎり」

野宿でも工夫すれば、栄養もとれるし、おいしそうなものも作れちゃう!
旅をしてると一番の楽しみは、「食べること」だから、ここは徹底的にこだわっていきたいです☆

そんなこんなで、今日も充実したいい一日でした。
布団で寝れるの、幸せだなぁ・・・。感謝、感謝・・・。


43番明石寺→宇和町→大洲市→内子町→小田町(町運営の大師堂にて宿泊

by piiiiiiiii | 2007-02-26 07:48
愛媛はやっぱり「愛」の街(3日目)
寝起きドッキリ!

旅も3日目!
寝袋睡眠は夜中になんかのうめき声が聞こえた気がして一回起きたのみで意外に寝れて熟睡できた♪
でも寝袋と地面にしくエアシートが長さ130センチしかなくて体をはみ出し朝起きたらシートは、ずれてさすがに直に寝袋はやや冷たかった‥
どうやら3年前買ったこのエアシートは子ども用のようだ(*_*)アハハ‥

で、僕は6時に起き岡本くんはいつも8時9時位に起きて出発するみたいだからまだ寝ていて、とりあえず松山まで一緒にいきましょう!っていわれてたんだけど、俺の自転車ペースは運動不足と久しぶりの遍路っていう面で岡本くんに比べてかなり遅くて、一緒に行くとはいえおれのペースにあわせるのは悪いから、こっそり先に荷物をまとめて先立ちしてみた‥
そして、岡本くんは今回の野宿地の敷地が「テントを張ると300円取られる」っていうのをやたら気にしていたので、
e0052909_0121454.jpg

「無断野宿につきテント代3000円いただきます!管理人」
と、いう書き置きをテントに残し出発した!イヒヒ(^_^)/

そして今、日課にするつもりの喫茶店モーニングをゆっくり食事中。早くしないと追いつかれるなぁ‥

今日は自転車の荷台の調子とリュックの荷物のおさまりが悪くて、タイヤと荷台がこすったり、リュックの荷物が落ちたりとトラブル続きで何回も止まって、だんだん怖くなってきて、序盤でこの調子ならいつか大変なことになると思い・・・
e0052909_0144185.jpg
思い切って土台のしっかりしたスチールの荷台を買ってホームセンターで取り付けたりあれやこれやしてたら時間がどんどんロス‥

もう抜かれたか‥
とも思ったが、まだ抜き去った形跡はない‥
で、やっと荷物、自転車が完全に安定して快調に飛ばしていると、僕と岡本くん共通の知っている歩き遍路さんを発見。

「もう岡本くんは先行きましたか?」
と聞くと、まだとのこと‥
この後、気をよくしどんどん逃げきろうとペースをあげるが、お腹が急激に減ってガス欠‥
筋肉痛もひざ痛も3日目で一番きつくてリタイア寸前‥

「奇跡のハンバーグ!」

宇和島市内に入りマックやガストみたいな店はあるけど、ここでしか食べれないもの!にこだわってるうちに店がなくなり山に‥
と、あきらめかけたその時!
喫茶店発見!そしてこの店は大当たり♪
日替わりランチでめっちゃおいしいハンバーグをいただき体力回復☆
e0052909_0154578.jpg
奇跡だった♪

「猛追!」

とりあえずスタミナ回復して、かなりの登り坂連発の山道をこえて41番の龍光寺到着!
e0052909_0174670.jpg


「寝ていた庄屋さんが龍に襲われそうになった瞬間、寝返りかなんかうってたまたま腰に携えてた刀が抜けて龍の目をくり貫いた‥」
という本当にラッキーな逸話のあるこのお寺☆〃
しかしまだ、岡本くんはこず‥

次のお寺は近いので一気に向かう‥・
しかしこの時既に岡本くんはかなり接近していたのだった‥

「ゴエモン供養・・・」

次の42番仏木寺は「家畜の供養碑」が建てられている珍しいお寺で、特別な思いを持ってここにきた。

そして家畜の供養碑に拝みにいった。

ゴエモンがいなくなって3週間あまり。
ここ最近は寂しさはあるものの時間が少しずついい思い出にかえていっていたので、あまり悲しい気持ちになることは少なくなっていた。
でも石碑を前に手を合わせていると、知らず知らず涙が溢れてきた。まるで石碑にゴエモンが乗り移ったかのような近くにいるような感覚がおそって会いたい気持ちとやりきれない後悔で胸が再びいっぱいになった。
でも久しぶりに会えた気がして嬉しかったし、償いの旅をしている実感がわいて旅をはじめて良かったなと心からおもえた。

きつい登り坂ではぁはぁなるとやめたくなるけど、ゴエモン最後の日の息苦しそうな姿を思い出すと、同じ苦しみには到底及ばないけど少々息苦しくても乗り越えようとおもう。

そしてゴエモン号で最後まで走り抜くことを改めて堅く心に誓った。

「そしてついに追いつかれる・・・」


ひとしきり泣いて今日の宿どうしようか‥とか考えながら門前でうろうろして出発しようとしたまさにその時、岡本くんがついにおいついた☆〃

聞くとこによると岡本くんは朝10時に出発し、寄り道をしてこの時間に到着したとのことでやはり早い(@_@)
しかも僕が共通の知り合いの遍路さんに岡本くんが来たら先に行ったと伝えてください!って行ったときには10分差にまで追い上げられていたそうだ‥

で、門前でうろうろしていると一泊二食付きで2000円の善根宿の張り紙を発見!
今日は峠越えをし汗もすごくかいてたからとりあえず風呂に入りたい思いがあったから宿か野宿か悩む‥・
追いつかれたものの岡本君は拝んだり納経があるので先に出発してハンデをもらう感じで出発する‥
当然またおまけつきで・・・
e0052909_0193764.jpg


15分ほどリードして宿&野宿場所探しに次の寺目指して進んでたけど、やはりいつのまにか追いつかれた(@_@)
で、岡本くんはおとといビジネスホテル泊まったから2000円は節約したい‥と、駅野宿に決める。

「心の弱さ・・・」

でも今日の僕は汗まみれで野宿するのがどうしてもイヤで2000円だから‥という安さにも安易にのっかって楽な方に行ってしまった。

遍路は一人でするものだからだれがこうだからこうしなきゃいけない、みたいなことはないんだけど、今日はやっぱり自分だけ宿であったかく寝るのは心苦しいなって思った‥
岡本くんが駅に、僕が善根宿にそれぞれ別れる道の別れ際が妙に寂しかった三日目だった。。

でもこの夜はこのまますんなりおわらなかった‥
人の優しさで奇跡的な展開がうまれる‥

「善根宿」

宿を選び岡本くんと別れた僕は少し申し訳なさと心の弱さを感じながら宿を目指した。
到着したのは民家で善根宿をされているお家。
着いたら先客も二人いた。
二人と少し話をしてお風呂や洗濯をさせていただき、夕ご飯は手作りの精進料理をたらふくたべさせていただいた☆
e0052909_0212181.jpg


肉を一切使ってないが、若い僕らの食欲を考えて豆腐ハンバーグを作ってくれているあたりがあったかい。そしてだんだん食べ物はなんでもおいしいことに気がつきはじめ、素材ひとつひとつの味がわかるようになり、なにを食べても「うめぇ‥」しかいわなくなる♪

手作り料理をおなかいっぱいに食べて幸せに浸ると同時に、かたや野宿で冷たいパンとかで済ませている岡本くんが気になった。
そしてそんな岡本くんから「こっちめっちゃさむいです‥」というメールが届く。 僕はどうしてもじっとしてはいられなかった‥

「インスピレーションとおばちゃんの愛情」

気になった僕は、おせっかいだったかもだけど、寒い中にいる岡本くんにコーヒーを差し入れに行くことにした。

おばちゃんに、
「近くの駅に仲間が野宿をしてるんで少し行ってきていいですか?」
と聞くと、
「その子も連れておいでや」と、晩ご飯も済んだからお金はいらないから、連れておいでと、めっちゃあったかい言葉を言ってくださった(;_;)

嬉しくてコーヒーをもって急いで迎えにいって、そのことを伝えると、岡本くんは「地獄から天国です‥」と一言。

おばちゃんは到着した岡本くんも僕ら同様あたたかく出迎えお風呂や洗濯を心よく使わせてくださっていた。
その夜は、おばちゃんと岡本くんとで少し遅くまで宿のエピソードや愛媛について語り楽しい夜をすごせた。

心のどっかでいくら善根宿でもお金をとるからにはビジネス?って思いもあったんだけど、今回の岡本くんへの対応をみて、おばちゃんの裏表のないピュアな優しさ、愛情を感じて、ここは正真正銘の善根宿だなと久しぶりに本当にいい人をみた気がしてうれしかった。

僕のふとした行動が岡本くんを寒さから救い、こんなあたたかさに触れることになり今日も奇跡のような展開を目の当たりにしやっぱりお大師様が見守ってくださってるんだなと、感謝しきりの夜だった‥
e0052909_1637391.jpg

(地獄から天国に移った岡ちゃん)

走行距離65キロ(内海→津島町→宇和島市→三間町41番龍光寺→42番仏木寺→宇和町)
善根宿・宇都宮さん宅に宿泊

by piiiiiiiii | 2007-02-25 09:00
「同行二輪」(2日目)
ついに本格出陣!

でも昨日のウォーミングアップで足が筋肉痛になるかと思ったら荷物の重力でサドルに面したケツ肉が筋肉痛になって痛い(*_*)
でも旅は追い込まれてからの湧き出る知恵が面白い!

「三沢光晴的底力!」

1時間位走って「この前ままではやばい」と思い、荷台とリュックがくっつくように荷物を設定‥
e0052909_23542117.jpg


前回の旅でもこうやって重力を逃がして走ってたんだけどやはりこれがこうをそうす!

まさにとことん追い込まれて追い込まれて底力で勝つ、決めるときは決める男!
「三沢光晴的底力!」
人生崖っぷちからがおもしろい☆〃
自分の底力に期待して自転車も軽くなったことだし今日もがんばります(^_^)/

「同行二輪」

今日はとりあえず本格始動初日なので無理せずゆっくりリズムでいこう!と決めて、比較的のんびりゴエモン号で走りました☆

途中で田舎道に田舎な喫茶店があっていい感じのモーニングが食べれて幸せに浸りながらゆっくり走ってるとうしろから‥

「おつかれさまです!」
の声(@_@)

びっくりして振り向くと同じ自転車で遍路をしている青年!

最初は人見知りでなかなかうまく話せず気まずかったんだけど、一緒にいくうちに打ち解けてきて、40番札所には一緒に行くことに☆‥
その間、いよいよ愛媛県に突入。
e0052909_23562782.jpg


こうして自転車2人で「同行二輪」旅がスタート!

「初めての般若心経。」

2人で40番札所に到達!
e0052909_23572063.jpg

で、やっと遍路グッズを購入!
白衣は3年前同様自然体で遍路をしたいのと山梨学院ジャージを全面的に打ち出したいので買わず、同じくシンボル的な遍路笠と納経帳、線香ろうそく等お参り道具一式を買ってとりあえず遍路らしい最低限の変身をとげました!

3年前までは、「南無大師遍上金剛」しか唱えてなかったんですが、今回はゴエモンをはじめペット供養があるのできちんと般若心経を読もうと思い、片言で時間もかかりましたが気持ちをこめて初めて読みました☆

そこで一緒に行動をし始めた「岡本くん」とツーショットで写真を撮ったあたりからますます仲良くなり、
e0052909_23554843.jpg


「昼ご飯一緒にたべましょう」
って誘われ一緒に食べることに‥

「恋バナで意気投合・・・」

昼ご飯を食べながら、岡本くんが恋愛の悩みを打ち明けてくれて、その答えをだすのが旅のテーマであることを告白してくれた。
e0052909_023153.jpg


話しを聞く内に生々しい大学生の恋愛事情に引き込まれあれこれアドバイス的な話をして大いに盛り上がる(^_^)/

若いっていいな‥と二十歳の岡本くんと話しをして少し切なくなる(;_;)
この時、白くてかわいい目の色が不思議なネコちゃんが登場し、2人を和ませる☆
e0052909_034130.jpg
こんな顔ゴエモンよくしてたなぁ
e0052909_0104188.jpg
・・・ネコをみるとゴエモンが乗り移ってるかも‥と思う今日この頃だがこのネコも人なつっこいネコでかわいかった♪
ゴエモン、ずっと一緒だよ☆〃

恋バナですっかり意気投合した2人は、岡本くんのおすすめで、
「近くに温泉&野宿ポイントがあるから一緒に泊まりませんか?」
って話しになり、僕も今回は急いでないし、初野宿は不安なんで練習にちょうどいい!と思い快諾する☆〃

そして岡本くんとの野宿生活へ‥

「炸裂!サバイバル料理!」

野宿スポットにいく途中、でっかい大型スーパーがあったので、ここぞとばかりに食料品を買い込む☆
いつも野宿では、コンビニのおにぎりや菓子パンしか食べてないっていう岡本くんをあったかいサバイバル料理でもてなそうと思った。

作ったメニューは、
「カットサラダを使ったみそラーメン。」
「もやしとまいたけと鮭のホイル包み焼き。」
e0052909_053718.jpg

「ミートソースリゾット。」

e0052909_045683.jpg
の3食!

野宿の冷たい食事に慣れている岡本くんにはあったかい食事は心底喜んでくれた!
同じお遍路さんがお遍路を接待するのもなかなかいいなと思った。
そして野外で食べる、作るサバイバル料理はキャンプに胸を踊らせてた少年の頃の心を呼び起こして28歳にして再び胸がおどる楽しいひとときだった!

高級な料理もいいけど、限られたメニューと食材で、食べれることに感謝しながら体にしみこませるように食べる食事はたまらなくおいしかった。
まさに神田川敏郎ばりに
「料理は心やー!」だと思った。

その後食後にデザートにとプリンをもらい、食事を通しても素敵な人間関係をすることができた。

うつ病のおれに本当にいい修行を用意してくださってまさに感謝の一言である(;_;)

「無礼講♪」

おいしいごはんの後は近くの温泉で2人で裸の付き合いをし、その後、岡本くんが一杯やりましょう!って誘ってくれたんで、せっかくだからあんま飲めない僕だけど、一杯だけ付き合う。
e0052909_064077.jpg


いつのまにか仕込んでた岡本くんのつまみを肴に、適度に酔っていい感じにお互いテンションもあがって、遍路の道中のおもしろ話や、出会いの素敵な話等で楽しく飲んだ♪
初めて会ったのにその日の夜には一緒に飲んで語り合える展開‥
これぞまさに四国遍路!

年齢や日常の上下関係、立場すべてをフラットにして人間と人間同士の純粋な関わりができるこの旅は本当に素晴らしいものだとおもう‥
まさか四国遍路でお酒飲めるなんてなぁ‥
この予想の付かない毎日、そして予想もせずに進む四国遍路がすごくワクワクなのである‥

「野宿トレーニング!」

飲みも終わり、岡本くんはテント&寝袋、僕は寝袋のみでこの旅初の野宿をする‥
e0052909_082674.jpg
とはいえ、隣には空手を大学でやっているという岡本くんがいるから心強い!
そして寝袋に入ると全然寒くない!

慣れない野宿に不安な僕を、いい具合に岡本くんという助け船をだして野宿に慣らせる場をつくってくれる仏様、お大師様に心から感謝である(;_;)

まずは今日熟睡できるかのテストだな‥
体力勝負だから安眠は至上命題ですから☆〃

また明日もどんなサプライズがあるやらワクワクしながらとりあえず寝ようとおもいます!
おやすみ(^_^)/

走行距離40キロ!
(高知県宿毛→40番札所観自在寺→愛媛県内海の温泉施設脇の公園東屋でビバーク)

p.s「ちょっと不思議な話!」
岡本くんとの出会い一つとっても実は不思議な奇跡が絡んでます(@_@)

昨日ふと言い間違えた旅館の名前が、
「岡本旅館」
だったんです☆〃

そして3年前、善根宿や通夜堂っていう小屋を解放して善意で宿をされて寝袋等で野宿させてくれる場所が網羅された、めっちゃ便利だった一覧表をなくしていて、この旅が始まって1番にその一覧表がほしい!
って思うくらい懇願してた一覧表を岡本くんが持っていてすかさず写させてもらい2日目にして貴重な宿の情報源をゲット!

なんだろ、この神憑り的な偶然の連発は‥


高知県宿毛→40番札所観自在寺→愛媛県内海の温泉施設脇の公園東屋でビバーク
by piiiiiiiii | 2007-02-24 08:52
始まり、そして洗礼・・・(1日目)
「ゴエモン号と同行一人一匹★」
昨日は、緊張と不安で寝れなかった‥

そしてこれから野宿が始まるのか‥と思うと実家が、そして布団で寝ることがいとおしくて正直早くも出発前に心が折れそうだったんですが(*_*)

でもいざ出発してしまうと‥ 
ワクワク感がどんどん高まってきて楽しくなってきた♪
もう後にはひけない展開が逆にいんでしょうね!

ちなみに特急はアンパンマン号でした・・・
e0052909_23412267.jpg


で、携帯でリアルタイムにブログ更新しようと思ったんだけどこの携帯からは画像が送れないみたいでテンションがた落ち・・・

視覚的効果がないとリアルさが伝わんないよね_(_^_)_
(画像アップ始まりました☆:::)

せっかくいい写真たくさん撮ったんだけど、とりあえずパソコンのある宿に泊まるまで字のみでごめんなさい(;_;)
そのかわり数日分まとめて画像をアップしますからぜひみてください☆〃

で、今日は昼過ぎに宿毛になんとか到着!
まぁ、とにかく自転車を担いで歩くのが想像以上に重かった(;_;)
やっぱり自転車は担ぐものじゃなくて乗るものだと痛感。。。

自転車の組み立ては少しトラブったものの今井のおじさんに電話して遠隔操作式修理でピンチクリア☆〃
ゴエモン号が完成すると、乗らずにはいられなくなってとりあえず本日の宿目指して出発!

宿に到着して、リュックを置かせてもらって身軽な状態でウォーミングアップに3年前最後に訪ねた寺39番札所延光寺にでかける。

「記憶力の醍醐味・・・」

目的はとりあえず四国に帰ってきました!的なあいさつと、遍路用品がなにもないのでお寺で買えれば‥と思い再び訪ねてみました。

あ、道中いきなり、ゴエモン風のネコに会いました♪
e0052909_23492194.jpg


で、再び走り出して一番感じたこと。

自転車で走った道の記憶はすごい!
車なら一気に景色が流れて記憶に焼き付く前に進んでいってしまうけど、自転車の速さはちょうどいい記憶をもたらします。
まだ2回目しか来た事のない岡山からかなり離れた土地なのに、道のアップダウンや道沿いの店をしっかり把握していて地元のような感覚で走れてしまう(^_^)/
これは歩きか自転車の遍路ならではの醍醐味かな?

そして、3年ぶりの・・・
e0052909_234552100.jpg

ゴエモンと今日からがんばるぞ!!!!

でも久しぶりの遍路、久しぶりの運動、気温20℃近い暑さ‥‥
荷物なしの20キロを走っただけで足がガクガク‥
明日からが不安じゃなぁ_(_^_)_

「宿毛の夜」

で、今日は四国遍路の前夜祭感覚の宿での夕食!

今回お世話になった宿は、とにかく古くて、苦手な人には本当に苦手なタイプの宿。
e0052909_23505514.jpg

古さを「ボロ」とみるか「風情」とみるかの感覚の差だが、とりあえず安くておいしい料理をだしていただいて風呂に入れてあったかい布団で眠れるということはとても幸せなことなので、僕は大満足で就寝を迎えてます☆〃

旅館のおじさんも明るくて元気さが空回りしてるような天然な人だけど憎めないキャラでよかったなぁ♪

明日は7時出発の予定で夜は野宿予定‥
ついに本当の意味で明日から四国遍路が始まっちゃいます‥
もういくっきゃないっしょ!

P.S
宿毛は若い男連中が元気がよろしく夜中も宿の近くでフルテンション(*_*)
頼むから今日だけは寝かせてよ(ToT)

岡山→高知県宿毛市→延命寺
by piiiiiiiii | 2007-02-23 23:00
「時は来た!」
ついに出発準備が整いました(・o・)

予定では、今日はもう高知県にいるはずだったんだけど、「昼から雨・・・」ということで、最初位はお日様の下でスタートしたい思いがあったので急遽今日は延期しました。。。

もともと、個人的なプランでは、最善今週の月曜日には出発!っていうのがあったんですが、
「今の仕事の退社の段取り」「次の仕事の内定」が片付かないことには出発できず、少し手間取ってしまいました。

でも、おかげさまで、今の会社もうつ病になって散々お世話になったけど、次へのスタートを応援してくださって送り出してくださり、そして、4月からは今まで体験した障がい者の施設の中でも1番あったかさを感じてここで働いてみたい!と思った障がい者の方の作業所に就職が決まって、これで何の心配もなく出発できる状況になりました☆彡

そして、4月から就職ということは、それまでまだ1ヶ月ちょっと・・・・。
こんな時間があることはめったにないのでいっそのこと、
「1番最初のお寺から今回は1周してやろうかな・・・」

とも考えたけど、ヘルパーの仕事は毎週あるので、やっぱり丸々1ヶ月休ませてください、とは利用してくれている方々には自分勝手で申し訳なく思うので、3週間だけ!という限定で完全休みをもらって、3年前に行って途中やめになっていた高知県と愛媛県の境にある「宿毛」というところから、残り半分を走破して、3年越しの「四国遍路結願」「四国一周」を果たそう!となったわけです!

で、日数的にも、明日から出発しても次のヘルパーがある日まで21日間あるわけで、当初半周に2週間あれば十分と思っていた中で、21日間っていうのはものすごいゆとり!

タイムリミットがあると、どうしても急いでしまう分、一つ一つの出会いや出来事に対する中身が薄くなっちゃうような気がして、寂しいから、この日数もありがたいです_(_^_)_


「準備万端!」
スケジュール的にもめどが立って、急ピッチに進んだ準備。
自転車の輸送は、運送会社に頼むと、莫大な運送料になるので裏技でカバー!
e0052909_2232953.jpg

「輪行袋」っていう、自転車専用袋に前タイヤをはずして入れるとボードみたいに。

これで、JRに普通の荷物として乗ることができます♪(これで10000円ほど浮きました♪)

そして、バックパックと首掛けポーチ。。。
e0052909_22121935.jpg

相当バックパックはパンパンになっています_(_^_)_
かなり重いけど、この後とにかく「最低限!」を意識して持っていくものを減らして、だいぶスリムになりましたけど、今回のチャリが重さに持ちこたえれるかが不安で不安で仕方ありません(T_T)

節約旅は貧乏な僕には必然でもあり当然でもあり至上命題でもあるんですけど、やっぱり準備してると節約してるつもりでもどんどんお金がとんでいきました(T_T)

ざっと挙げても、、、
バックパック・・・・・・・・・・・・・・・・・10000円
PORTERの首掛けげかばん・・・6000円
マウンテンバイク・・・・・・・・・・・・・8000円(送料込)
自転車の袋・・・・・・・・・・・・・・・・・3000円
雨カッパ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3000円
100均で消耗品・・・・・・・・・・・・・・5000円位
洗面道具一式・・・・・・・・・・・・・・・・2000円
勝負ジャージ・・・・・・・・・・・・・・・・・3000円
サバイバル食事の調理実習・・・・・・・・5000円


こんだけでも、45000円かかってますから・・・。

で、明日は「岡山」~「宿毛」間の移動代10000円、初日はコンディション作りということで安い旅館に泊まるので4500円の出費です。。。

四国遍路は「修行の場」であることはもちろんなんですが、リアルにお金がかかります・・・。

でも、貧乏な僕が、なぜかこのタイミングでお金がたまっていて、旅をする時間がある!ということは、すごい幸運というか、感謝というか、オーバーに言うと選ばれし者!的な贅沢さも感じます。

仕事をせっせと頑張ってる方からしたら、「仕事もせずに・・・・」って思うでしょうけどね。。。
でも、この際もうそういうことはいいんだ_(_^_)_
今しかできないことだし、旅から終わってまた初めから何でも頑張ったらいいこと!って思ってるから・・・。
この旅に出るタイミングの説得力は自分にしかわからないものですからね!

「罰当たりお遍路・・・」
そんなこといってる僕ですが、出発前から罰当たりなことをしていまして。。。
正直肩身が狭い思いで四国入りするんです。

というのが、僕の不注意で、前、旅した時のバックパックとその中に入っていた遍路道具一式が燃やされてしまって跡形もなくなってしまってるのです。。。

実家に帰ってくる前に、いろいろ荷物を持って帰る中で、バックパックが重かったので後回しにしてたら、家を整理されていて、一式はいらないものと見なされて焼却・・・。

後回しにする悪い性格が、こんな罰当たりな結果になってしまって・・・。
四国遍路には、「納経帳」っていう、88ヶ所のお寺ごとにスタンプラリーのように印的なものを書いていただく帳面があるんだけど、それもなくなっちゃったから、今回たとえ半周しても、納経帳的には半分白紙_(_^_)_
まぁ自分の中では、今回半周することで確実に1周になるのでおさまりはつくんですけど、白紙の部分を見るたんびに、またいきたくなるだろうから、夏休み等を利用して、またちょくちょく行こうとは思ってますが、、、
悔やまれる。。。。

だから、とりあえず旅の最初は、遍路グッズを買うことからはじまります。
とても罰当たりなことをしたのでしっかり謝りながら旅をしようと思います(T_T)

「いろんなありがとう。」
旅を、明日に控え、荷物と同時に自分の心も整理していく過程で浮かんできた1番大きな言葉はなんだろう?と考えてみました。

いろんな言葉や場面が浮かぶけど、一言でくくると、「ありがとう」です。

この旅への「タイミング」についてよく僕は書いてるけど、その「タイミング」や「準備」のなかで、自分の体ひとつで旅をするわけなんだけど、いろんな人の「手助け」や「エール」を送られたおかげでスタート地点に立てるんだな・・・ということを思うと、ただただ「感謝」「ありがとう」の思いが募る。

原点は、「ゴエモンの命」
ゴエモンにつらい思いをさせた「後悔」と「ごめんね」の想い。そして、楽しい2年間思い出に対する「ありがとう」
最後苦しんだゴエモンを思うと、つらい思いをしてでも走りきって、供養して成仏させてあげたい。

そして、そこからよみがえった、忘れかけてた今まで飼ってきたペット達への「ありがとう」
僕と遊んでくれたのは、ゴエモンだけじゃないからね!

で、この1ヶ月ちょいケンカして距離を置いていた、ぽんちゃんへの想い。
でも、いま振り返ったら、この「タイミング」でケンカして距離を置いたことが偶然にも旅につながってるわけである。
ぽんちゃんは、寂しがりだから、僕が3週間もいなくなることをとても寂しがって、仲のよかった頃から「いっちゃいけん!」って言われていて、僕も寂しがらせてまで行こうとは思ってなかったので、ずっと封印してたけど、偶然この「タイミング」でケンカし、距離を置いたことでぽんちゃんも寂しさへの抗体がついたのか、少し肝が据わって、仲直りした今、「気をつけて行ってらっしゃい!」がいえる女の子になっていた。

慣れない携帯電話の仕事にも慣れ、心にも余裕ができてきて大人の顔になったぽんちゃんを見ると、いい意味で、「今タイミングで距離を置いたことはお互いにとってプラスだったな。」と思える。
そう考えると、この「ケンカ」も旅への布石だし、仏様は僕が旅に行くようにセッティングしてくれたのかな・・・と、不思議な気持ちになる。

仲直りしたばっかりで、ぽんちゃんと一緒におることの幸せを再確認し矢先だから、正直離れるのはある意味、今は僕のほうが寂しく思うくらいなんだけど、2~3週間今度は、仲がいい状態で距離を置く中で、ぽんちゃんに会いたい気持ちや想う気持ちをいっぱい再確認しながら旅をしたいなと思う。
我慢して我慢してやっと会える瞬間がいまからちょっと楽しみ♪
そして、最低限「旅に行ってなんか変わったね!」って言わせる成長を遂げて帰ってこれたらって思う。少しの間辛抱してね!
ずっと好きでいてくれて「ありがとうね」

そして、自転車をメンテナンスしてくださった、今井サイクルのおじさん!
おじさんのおかげで、何百キロっていう距離を3週間足らずでまわってこれるわけで、決して自分の脚力だけで四国をまわってくるんじゃないことを痛感する。
おじさんにパンクの直し方や自転車の組み立て方を教えていただいたおかげで、自転車に関してはほとんど心配なく出発することができます。本当に「ありがとうございます。」

やめた仕事場でも、僕のうつ病の対応や入社退職の手続きをしてくださりお世話になった人がいた。僕が仕事をやめて旅に出たいんです・・・っていった時、いいことだとおもうよ!って
やめることをとがめることなく、とにかく前向きに僕をいつも応援してくれる、心の広くてやさしくて人の気持ちをわかってくれる素敵な人だった。
きれいに仕事を退職させてもらえたから今があるわけだから、この方にもすごく感謝してます。「ありがとうございます。」

最後に、お母さんやおばーちゃんに感謝しています。
この旅の話をしたときに、全然普通のことのように「頑張っておいで!」っていうこの人たちが僕は好きだし、この家族のなかに生まれてよかったなと、大げさではなく思う。
貧乏で裕福ではない家庭だけど、家族の心の広さだけで今の僕は大きな気持ちでいられる。
なんだかんだいって、準備もあれこれ手伝ってくれて、これまた一人で準備してるんじゃないなって感じることしきり・・・。いつもいつもありがとう・・・。

そして、自給自足の旅が近づくにつれて、家のご飯がありがたいことに気づかされる自分・・・。
そして洗い物とか自分で全部でやらなきゃいけなくなる中で、毎日やってくれてるお母さんおばーちゃんには本当に感謝しなくちゃいけないと思う。
そう考えると、普通に明かりのついた暖かい部屋でインターネットしながらテレビ見たり音楽したりマジックの練習したり、当たり前の生活も、見方を変えたら本当に幸せな環境なんだなって思うようになるんだな・・・と思う。

こんな環境に染まってしまってる今のオレに果たして野宿はできるのか・・・・
正直自信ないし、はっきり言って怖いです(T_T)

でも、この不安や恐怖が、自分を強くしてく気がするし、朝起きて、お寺を巡って、野宿して寝る・・・という、普段の生活の余分なものを一切省いたとことんシンプルな生き方の中で、どんどん余分な自分がそぎ落とされていくのを実感していくのが実に楽しみ!

そんな経験ができるのも、今挙げたすべての人やペット達のおかげです!
本当にありがとうございます。

そして明日から、いろんな人に出会い、時には助けていただきながら、そしてなによりも感謝をしながら旅をしてきます!いってきまーす☆彡
by piiiiiiiii | 2007-02-23 00:18
カウントダウン・・・・
旅への準備が着々とすすんでます。。。

いろんな状況とタイミングが重なって、いざ旅に行こう!と思い立ったものの、やっぱりいろんなツールが必要なわけで、あれこれ揃えてるうちに、結構なお金になってしまった(T_T)

とりあえず、主役のチャリンコ!

これは、ネットオークションで旅を決意したその日にたまたま見つけ、めっちゃ気に入っちゃって是が非でも手に入れようと思い、ライバルとの競争も覚悟して入札したらたまたま他に狙ってた人が居なかったみたいで、5750円で落札!!!!!

こんな破格で気に入った自転車が手に入っちゃうのも運命というかなんというか、まるでオレが旅をするために用意されていたかのような不思議な流れ。。。

手に入れたチャリンコがこれ♪
e0052909_123254.jpg

今回は絶対はずせないポイントに
「ブラックのチャリンコであること!」
というのに徹底的にこだわってた。

そして、前回3年前に自転車旅した経験から、ハンドルはバーエンド付きだとめっちゃ楽だったので、はじめから付いているこのチャリはその部分でも即決だったし、荷台や、ライトももともと買う気でいたからはじめっから付いてたのもラッキーで、とにかく得をした♪

で、僕がブラックにこだわった一番の理由は・・・・・・
e0052909_1115352.jpg

チャリンコを「ゴエモンカラー」にしたかったから♪
ちなみにゴエモン。。。
e0052909_295837.jpg


あんまり色塗りとか得意じゃないから、思いっきり素人塗りじゃけど、もともとゴエモンは野良猫で純白の白い毛をしてたわけじゃないし、結構毛もボサボサのネコだったから、オレのラフな色塗りが逆にリアルというか、自分の中では「ゴエモン号」になった気がしています。

今回の旅を決意した一番のきっかけはゴエモンの死だから、
「ゴエモンと一緒に!」って思いがこんなアイデアで実現できて、これで道中も心なしか寂しくないというか、チャリンコにも愛着がわくというか・・・
とにかくちょっとした自己満足に浸ってます。。。


「旅はもう始まっている。」
で、このゴエモン号、これから2、3週間四国を走り続ける運命なわけで、一番怖いのが故障!
ましてや、分解されて送られてきたので、素人組み立てじゃ本当に危険・・・

ということで、インターネットで何気なく、
「近くにいい自転車屋さんないかな・・・」
って探してたら、気になる自転車やさんのホームページを発見。

僕が探していた店選びの基準は
「少々お金かかってもいいから、とにかく完璧なメンテナンスをしてくれる今時の自転車屋さん!」
僕が気になった自転車屋さんは、ホームページの雰囲気からして、今時の自転車屋さんでない雰囲気で、まさに昔の自転車屋さん!って感じの探していた自転車屋さんとはまったく真逆の古めの自転車屋さんだったけど、病気をされて体が思うように動かせないながらも、自転車屋さんをされているという、プロ魂というか、人間性というか、どこか引き込まれるものがあって、結局ボクはそこの自転車屋さんにメンテナンスを頼むことにした。

四国旅をしていると、不思議なくらい行く先々でいい人に出会うんだけど、
旅に行くために動いてる、って部分でもう旅がはじめってるのか、この決断が素敵な出会いを生んだ。

決して新しい自転車屋さんではなかったけど、ご主人は自転車のことが何もわからない僕の素朴な疑問や自転車の組み立て方や、分解の仕方、調整の仕方等々、本当に懇切丁寧に答えてくださった。

そして、
「旅先でパンクした時に自分で直せなかったら大変だから・・・」
と、チューブのはずし方を1から教えていただいて、最後には、お古の整備用具まで譲ってくだ
さいました(T_T)

四国の旅先で親切を受けることを「接待」といいますが、まさしく「お接待」そのもののようでした。

体が思い通りに動く僕とは違い、病気になられて思うように動かないもどかしさや、しんどさもきっとおありだったと思うんですが、それでも責任もってこの自転車に向き合ってくれた姿は、まさにプロ根性を見させてもらった思いで、本当に感動し、勇気をいただきました!

そして、おじさんの熱い思いが自転車に宿り、自分にしかわからないことだけど自分にとってかけがいのない大切なものになり、この旅でおじさんの病気の回復もしっかりお願いしてこよう!とまた旅への決意を新たにしたのでした。

うつ病になって人間嫌いになってた僕だけど、たったこれだけの出来事で、こんないい人もいるんだしまだまだ世の中捨てたもんじゃないぞ!って思いになれたし、僕の心の病脱出の鍵は、こういう人とのふれあいや、会話をすることなんだなと、確信しました。

もし、普通に今風の自転車屋さんにポンって自転車預けて、完璧に整備されてお金払って戻ってきてた流れの中だったら、こんなあったかい思いにはなれなかっただろうし、何にも気づくことがなかったんだろうなって思うと、一期一会の大切さをまざまざと痛感しました。

そして、なんとなく気になってサイトを覗いた、この「ひらめき」や「直感」「なんとなく」が四国旅では重要で、こんな気分になったときはその方向に悩む前に行ってみることで、絶対といっていいほど信じられない出会いや出来事が待っています。。。

だから、四国遍路はやめられないというか、3、4年経ってもまた行きたい!っていう思いが全く切れなかったんです。

本当に四国遍路不思議なことだらけ!そして、もう旅はきっとはじめってるんだな。。。
「遠足は家に帰るまでが遠足・・・」
四国遍路は、
「行こうと決めたときがもう出発!」

最後に自転車をメンテナンスしてくださった今井さんと写真撮っていただきました!

写真を一緒に撮らせてくださいってお願いしたとき、少し照れたように了解してくださって、嬉しそうにしてくださったのが、すごくよかったです!

これから自転車やバイクでお世話になるときは、絶対おじさんにお願いしよう。。。
と思わせた、おじさんの魅力。。。
人間それがあるかないかに尽きると思う。
僕も、旅をとおして、自分を一回り大きくして帰って来ます!
おじさん本当にありがとうございました_(_^_)_
e0052909_264281.jpg

by piiiiiiiii | 2007-02-20 02:07
「旅」
突然ですが、僕は来週から四国88ヶ所巡り、通称「四国遍路」の旅に出発しようと思います。

ゴエモンの死で気づいたこと、思ったことは、前のブログにも書いたとおりなんだけど、他にもいくつかあって、今までゴエモンの前にも、動物を中学生の頃とかに飼っていたのに、その頃の動物に対する、感謝や、死への悲しみを完全に忘れてたな・・・てことにハタと気づいたのです。

動物好きは今に始まったことではなく、小さい頃から。
中学校のときに、新聞配達をしてて、配達中に見つけた捨て犬がかわいそうで、親に頼み込んで犬を飼ったあの日。

可愛がってたには可愛がってたけど、思秋期の多感な頃だたから遊びに夢中になって、家を出る時、帰る時位しかかまってあげてなかったなぁ。
拾ってきたばっかりの頃はめっちゃ可愛がってあげてたのに・・・。

そんな犬もある日フィラリアにかかって、今回のゴエモンのように一日持つか持たないかっていう状態になって、苦しそうに横になってる犬に
「ゴメンな、ゴメンな・・・」と泣きながらただ謝ることしかできなかったあの日。

犬ってほんとに健気というか忠誠心の塊のやさしい生き物だから、今にも死にそうなのに、そんなオレの手をペロペロなめてくれた。。。

その日は大学のピアノのテストでどうしても学校を休めず、帰ったときにはもう犬は死んじゃってお母さんとおばーちゃんが山に埋めに行った後だった。

今回みたいにめっちゃつらくて、後悔して、謝ってもうこんな思いは絶対にしない・・・って誓ったはずなのに・・・
またゴエモンを守ってやれなかった。

人間は時がたつとどんどん忘れていく動物だから、その時の悲しみも忙しさの中でだんだん忘れていって、いつの間にか、気持ちは薄れていてしまっていた。

自分の人生を振り返ると、ペットは恋人みたいに常にそばにいて一緒に寝起きができて会話ができて、意思疎通ができて・・・ってわけじゃないけど、人見知りや人間不信があって人間付き合いが苦手な僕には、知らない間にペットとの関わりが、自分の心を正常に保ってくれる貴重な力だったように思う。

ペットがいなかったら今頃精神異常のめちゃくちゃな人間になってた気すらするもん・・・

だから、オレの28年間は、両親や家族があったかく育ててくれたことももちろんあるけど、ペットたちのおかげでもあると思う。

そして、今。
ゴエモンの死をとおして、すごく遅くなっちゃったけど、今改めて、ゴエモンを含めたなくなったペット達の供養と感謝の旅に出かけようと思った。

そして、旅の地は四国・・・。

3年前、いろんなことに悩んでた俺が、仕事の有給休暇を使って2週間自転車で徳島から高知までのお寺を巡った。

いつかまた行こう・・・
って思い思いながら、なかなか就職してしまうとそんな時間は巡ってこない。
ましてや、いくら野宿で・・・っていても最低限軍資金もいる。

でも、四国には不思議な力がある。

本当に行くべき時、行ったほうがいい時には、自分の生きている環境で道が自然に開ける不思議な現象に出くわす。

そして、自分の中では、どうしようもないなぁ・・・って凹んでること一つ一つに意味が見えてくる。

例えば、うつ病になって仕事を休んで、再就職に手間取って本来は、
「この先どうなってしまうんだ・・」
って
思ってたものが、
「今は、旅をするための時間なんじゃないか・・・」
って思えてきたり、

今回も不思議なことに、ゴエモンがまだ元気だった数週間前、いつかまた四国に旅に行こう・・・ていう軽い気持ちで旅行のめどもなんにもなかったのに、なんでか衝動買いして買ってしまった、でっかいバックパック・・・。

そして、ゴエモンの死・・・。

旅の理由と道しるべがどんどん出来上がっていって、今、再就職を考えたときに、
「もう一度自分を見つめなおしたい・・・」
っていう気持ちに、四国88ヶ所巡りという、
「自問自答の旅」がくっついて、いつのまにか旅が動き出してしまっていた。

思い立ったら、自分の行動も早ければ、神様も背中を押してくださってるのか、事がとんとん拍子でどんどん進んでいく・・・。

気がつけば、なぜかお金がたまっていて、旅に向けて自転車を買おうと、ネットオークションしたら、ありえない安さで一番気に入っていた自転車が手に入ったり、みるみる自分がプラス思考になっていくのがわかるのである。

そして、着々と準備が進み、もう数日後には旅立つ・・というところまで来てしまった。

こんな機会は、普通に順風満帆に生きている人には味わえない人生だ。
安定した職業について、世間体もよく見られて、きれいな奥さんと結婚して、幸せな家庭を築いて何不自由ない生活を送る。。。

若い頃はそんな安定なんかくそくらえ!だったおれもいつの間にか安定を求めるようになっていたけど、28歳になって、来るとこまで来てしまうと、また若い頃に一周して元に戻ったのか、こんな人生もいいなって思えてきた。

一回きりの人生だ。
興味を持ったことはとことん追いかけたいし、周りを気にする時間も惜しむくらい、気にもならなくなる位、夢中になって人生を走って生きたい。
そして、長生きしてもっともっとやりたいことがあっただろうゴエモンやペットのためにも、全力で楽しんで生きなきゃいけないと思う。

28歳になって夢も目標もわからなくなってたけど、ゴエモンの「ガンバレ!」のメッセージだと思って、もう一度生き方を模索する旅に出たい。

四国はとてつもなく不思議な場所。。。
前回の旅でもそれは経験済み。

いいことも悪いこともすべてお受け入れながら、自分自身や行く先々で出会った人、亡くなったペットたちや弘法大師様など、心を裸にしてたくさん話をして、生きるヒントを見つけてこようと思う。

何がおきるか見当がつかないけど、とにかくドキドキする。
生きていくことなんか、こんな単純な動機だけで十分成立してしまうものなんだなって思うと、生きる勇気がわいてくる!

とはいえ、遊びに行くわけじゃないので、最低限心を引き締めて、楽しむところは楽しんで、苦しいときは苦しんで、ゴエモンやペットが一緒についてきてる事を忘れず旅をしたい。

「同行二人」っていう四国遍路の言葉があるけど、今回の旅は、いろんなペットがついて来るから、「同行二人四匹」だな。

いろんなことを思い出して、いろんな何かを見つけてこようっと。
by piiiiiiiii | 2007-02-15 18:30
ゴエモンの死・・・
突然のブログ再開早々、とても悲しいお知らせです。

ずっとかわいがってて、たびたびブログにも登場していた愛猫「ゴエモン」が、2月7日の午前4時過ぎに病気で亡くなりました。
e0052909_2220742.jpg

ゴエモンの死を通して自分の「愚かさ」や「卑しさ」、そして「ゴエモンの存在の大きさ」や「大切にしなきゃいけないもの」等々、いろんなものに気づかされました。

とにかく心の中、出てくるものは「後悔」と「ごめんね・・」の繰り返しでした。

もっと早くゴエモンの異変に気づいてあげれてたら、病気を治せたかもしれないし、もっと大きく考えれば病気自体も防げたと思う。

ゴエモンは、ネコ白血病で死んだ。

ネコ同士のケンカ等でネコ同士に移る病気で、発病するとかなりの確率で3年以内で死んでしまう・・・。

ゴエモンを飼い始めたとき、僕は貧乏学生。
一人暮らしの寂しさと、同じようにノラ猫の寂しそうなゴエモンが重なって、一緒に頑張っていこう!って思って拾った。

ネコ白血病等の感染病の存在は、その頃から知ってたから、とにかく室内飼いにして、外に出ないように気をつけよう・・・と思っていた。

でも、野生の生き物にとって室内で飼われることは、すごいストレスだろうし、今思うと人間のわがまま以外のなにものでもないように思う。
まして、一人暮らしのオレだったから、日中のゴエモンは一人寂しく留守番なわけだし、おれに振り回された一生な気がして、ただただ申し訳なく思う。

飼いだして1年経った夏には、家を脱走して、野山を遊びまわってる最中、動物の罠に足を引っ掛けて左足の指を一本切断の大怪我も負わせてしまった。

おれが、管理をしっかりしてやってあげれてれば、、、こんなことにならなかったろうに・・・。

それだけじゃない。。。
このときもお金がなくて1日応急処置で様子を見て、すぐに病院に連れていけなかった。
結局、怪我が治りそうになかったから、次の日にはお金をかき集めて病院に行って事なきを得たけど、経済面でペットを守ってあげれない時点で動物を飼う資格はなかったんだと思う。

動物だから言葉はしゃべれないけど、本当に痛かったと思う。
でも、病院から退院したゴエモンは、こんな飼い主でもまた甘えるように戻ってきてくれた。

このとき、手術をするにあたって病気の検査をして、ワクチンも打ってもらった。

体に異常もなくて、ワクチンも打ったことでこれから当分安心・・・・という思いが慢心も生んだし、この時点でワクチンを打ってもらったことが既に飼い主失格だった。
足を怪我してなかったら・・・・ということだから。

その後、僕は引越しをし、実家に戻る。
ゴエモンも引越し。
動物にとって、引越しってすごいストレスだったろうなとも思う。
全く勝手の違う環境に、新たなネコとの遭遇。。。
ましてや、家には犬の「ハウ」がいるから、落ち着く時間や場所がなかったんじゃないか・・・と思うと不憫で仕方ない。
オレがゴエモンの人生をとことん振り回しちゃったなぁ・・・。

そして今年・・・・

今年に入ってゴエモンは確かに元気はなかった。。。
よく寝るようになって、外出もしなくなっていた。

でも、もともとよく寝るネコだったし、ご飯もよく食べてたので、「怠けてるんだろう・・・」という風にしか解釈していなかった。

時々「咳」もしてたんだけど、拾ってきたときから時々あったことだから、そこまで心配もしなかった。。。
でも、結果的に、この「咳」と「元気のなさ」がゴエモンの「サイン」だった。

時々、些細な体調不良でも「病院に連れて行ってみようかな・・・」と思うことはあったけど、診察台が高いことと、まぁこの程度なら大丈夫だろう・・・っていう勝手な解釈で病院に行くことをためらってしまいゴエモンの寿命を縮めてしまった。

本当に動物を飼う資格がなかったと思う。
動物は言葉が話せないからこそ、声や表情や様子で訴えてくることを感じ取って、コミュニケーションをとらなければいけない。
でも、僕は、感じ取った言葉や思いを自分勝手に噛み砕いて、気持ちを返して上げれてなかった。
お金をためらって症状が軽いうちは様子見・・・なんて。。。本当にゴエモンごめんね。

ゴエモンの症状は一気に悪くなった。
今日もよく寝るなぁ・・・・って家族が思ってて気づいたときには、とても息苦しそうに苦しんでいた。

病院に行った時には「もう手遅れです」といわれ、「あとは家で看取ってあげてください。」
という状態だった。

残されたゴエモンとの時間。

上に書いてきた、ゴエモンに対する不憫なことをし続けてきた罪悪感・・・
目の前で苦しんでるゴエモンに何もしてあげれない自分・・・
早く病院に連れて行ってあげれてたら・・・という後悔・・・

いろんな思いが頭を回って、ただただ涙が止まらなかった。
抱きしめてあげたかったけど、その姿勢も苦しそうだから家に帰ってからは一回しか抱きしめれなかったけど、最後の力を振り絞って、しっぽを振ってくれた。
こんなことになるなら、もっともっと抱きしめてあげてたらよかった。。。ってすごく思った。

「今夜が山・・」と、言われていたので「最後の夜」と覚悟を決めて、一晩中ゴエモンのそばにいた。
本当に苦しそうで、見てるのもつらくて、別れはつらいけど、はやく楽になって天国に行って安らかに眠ってほしい思いで、ゴエモンを見守った。

どんどん衰弱していくゴエモンだったけど、猫の本能で、「死に場所を見つけて誰にも見られずに死にたい・・・」のだったんだと思う。
フラフラしながらもあっちをうろうろこっちをウロウロ最後の力を振り絞っていた。

そう考えると、僕が「ゴエモンの最後を看取ろう・・・」という、人間社会の中での行為も、野生の生き物にとっては、「見ないでよ・・・」って思ってたんじゃないかな。。って思ったりして、これも後悔のひとつだったりする。

オレに死ぬとこを見られたくないから、死ぬに死ねなかったのかなって。
最後まで、人間の、オレのわがままに振り回せれながら、7日の午前4時すぎ、ゴエモンは2年間ちょいの短い命を終えました。

ずっとかわいそうで申し訳なくて泣きっぱなしだったオレだけど、ゴエモンが死んだ瞬間は心のどこかで楽になったゴエモンにホッとする自分もいた。
本当によく頑張りしんどさに耐えたゴエモン。。。
温もりが残る体を撫でながら夜明けまで過ごした。

とにかく後悔しか心にはなくって、泣きじゃくってたおれは、朝起きてきた、お母さんに死ぬ直前までの一部始終を話した。

最後に死ぬ直前、それまで弱ってしまってか細い声しか出せなかったゴエモンが、元気な頃の大きな声で、オレのほうを見て鳴いた。
それが、最後のゴエモンの声だったんだけど、僕には、ゴエモンの苦しい声としか解釈できなかったんだけど、お母さんに、

「野良猫じゃったのに、拾ってくれてありがとうって最後に言ったんよ。」
って言われて、また涙が止まらなくなった。
お母さんの言葉で救われる思い反面、頭から消えない思い。。。

ゴエモンは僕に拾われて幸せだったのかな・・・・。

やっぱりもっともっとしてあげれることは山ほどあっただけに、きっと恨んでるじゃろうなって・・・思う。
動物をあらゆる面で責任もって飼ってあげれる環境がない時点で、野生の生き物にとって、飼われることは地獄だったかもしれない。
家でのんびり暮らすゴエモンももちろんかわいかったけど、野生の野良猫のゴエモンもゴエモンらしくてそんな人生もアリだったのかなと思う。

とことん僕のわがままに振りまわしちゃったけど、そんな中でもゴエモンにはいろんなものを僕に残してくれた。

学生時代、一人暮らしでも、寂しいとは思わずにど田舎の一軒家でぐっすり寝れたのは、寝るときになると僕の布団の中に入ってきて僕の腕まくらで寝るゴエモンのおかげだし、寂しさを乗り越えてこれたのも、家に帰ればゴエモンが待っててくれて、一緒にじゃれあって遊んだり、ムシャムシャ本当においしそうにご飯を食べるゴエモンの顔を見るのに癒されてきたからこそ、今の自分がある。

ここ2年の僕の存在の影の功労者は紛れもなくゴエモンだった。

決して頭のよさそうな顔ではないどっちかというと不細工で、怠け者でぶっきらぼうな愛想のないネコだったけど、いつも家に帰ると「ゴエモン帰っとる?」って聞いてたくらい、存在がいつも気になるネコだった。

そう振り返ると、もちろん後悔や謝罪の気持ちが一番にあるけど、「感謝」の気持ちもとても大きい。
心の底から、「ありがとう」って久しぶりに言える場面だった。

よく寝るゴエモンだったから、死んで横になっているゴエモンを見ても
「また寝てるのかな・・・」って思うくらい、寝てるのが似合う、寝顔のかわいい大好きなネコだった。

夜が明けて、一緒にかわいがってたおばーちゃんと一緒にゴエモンをお墓に納めに行った。

実家に帰って、オレ以上におばーちゃんに懐いてたゴエモン。
おばーちゃんもこの前までゴエモンは元気だったから「なんで死んだんじゃろうなぁ・・・」と悔やみつつも懐かしそうに一緒にゴエモンと寝てた話を嬉しそうにしてくれた。
おばーちゃんにとっても、ゴエモンはなくてはならない存在になってた。

おばーちゃんと一緒にお墓を作りに行った。
e0052909_0362479.jpg

永遠の別れは僕もおばーちゃんも本当につらかったけど、ゴエモンに感謝の言葉を語りかけながら「すぐ会いに来るからね!」って約束して、ゴエモンを埋葬した。

寂しがり屋で寒がりのゴエモンだったから、一人ぼっちで冷たい土の中に居させるのはとても不憫におもう。。。
本当にごめんよ・・・。

ゴエモンの死を通して、僕は目覚めることとなった。
ゴエモンが命と引き換えに、いろんなことをおれに伝えてくれた。

ゴエモンが死んだ悲しさ、後悔は、今生きている家族やハウに対するやさしさに変わった。
人間もペットもいつ命が終わるかもわからない。
両親に親孝行らしい親孝行も28歳になっても何にもできてなかった俺。
歳をとって、必要以上に世話焼きになったおばーちゃんの気遣いをめんどくさがってた自分。
ゴエモンの餌を横取りしようと狙っているハウを怒鳴りあげて、しつけした気になっていた自分。

もしみんな明日居なくなると思ったら・・・

僕は、3月からは引っ越して再出発しようと決めて段取りをしていた。
でも、今回の件で、しばらく家で生活することに決めた。

ゴエモンが苦しんでるとき、一緒に泣いてくれたお母さんやおばーちゃんのやさしい気持ちに触れて、この歳になって、もっと一緒にいたい気持ちになった。
「一人暮らしして、自由に暮らして、結婚して、それなりに幸せになれれば・・・・」
っていう思いはいつの間にか、
「家を継いで、一家を安心させられる長男になろう・・・」
という気持ちに変わった。

おばーちゃんだって、何十年も生きれるわけじゃないし、両親だって、そのうち足腰も弱くなって介護を受けるようになるだろう。
ハウだっていつかは寿命で老犬になっていく。
そんな暗い将来だけを見て歩いていくわけじゃないけど、悔いだけはもう残したくない。
今を全力で生きて、今までの親不孝分を取り戻す人生を家族にキャッシュバックしたいなと思うのであった。

そして、もうゴエモンの悲劇は繰り返したくない思いから、ハウには病院にすぐに連れて行けるように、動物保険に加入することにした。
お金を心配せず、ちょっとでも調子が悪くなったらこれからは病院に連れていてあげたい。

ハウはゴエモンのことが気になってよく絡んでいたけど、ゴエモンはいつもハウ来ると嫌そうな顔押して無視っていた。
でも、ゴエモンはこの世に残ったハウのために、僕が動物保険に入るように仕向けてくれた。
ゴエモンもハウのこと本当は好きだったんだろうな・・・。
ゴエモンのおかげで、ハウはこれから安心だからね!ありがとう!

ゴエモンの命と引き換えに僕に伝えてくれたたくさんのもの。
ゴエモンの辛そうな姿を思い出すと、僕は地獄に落ちる覚悟もあるけど、逆にどんな困難もゴエモンの苦しみに比べたら小さなことだと思うから、頑張らんと・・・っておもう。

ゴエモンの気持ちをしっかり抱っこしてこれからはしっかり地に足をつけて生きていこうと思います。

そして、もうひとつ僕は、重大決心をする。。。。

この続きは、改めて書きます。

久しぶりのブログはめっちゃ長くなってしまいました_(_^_)_
最後まで読んでくださった方本当にありがとうございました。
by piiiiiiiii | 2007-02-13 00:34


★Real Lineup★
★Thanks access★
★Mail me★


★PROFILE de ABC★

AKB48/たかみなちゃん推し
Birth/S53.12.22(33歳)
Camera/Canon G1X&iphone4
Dream/後悔ゼロで老衰
Experience/自転車日本1周
Famliy/2人(wife)
Guitar/「takamine PT-407」
Hobby/旅、写真、競馬、手品
Island/瀬戸内海の島が好き
Job/デイサービス&世話人
Keiba/馬連&ワイド総流し
Love/順調
Motorcycle/BOBBY50
Numbers4/買うのやめた…
OS/windows7
Pecialty/音楽療法専攻
Q/高橋尚子走法を導入
Ranking/



Skil/初級園芸福祉士資格
  第一種衛生管理者資格
保育士資格
幼稚園教諭2種免許
社会福祉主事任用資格
足裏フットバランス
リフクソロジスト資格

音楽療法士(2種)資格
中学校音楽教諭2種免許
ホームヘルパー2級
介護福祉士
野菜ソムリエ
漢字検定2級
Travel/名案あり!
Used/新品しか買わない!
X'mas/2年連続で
いいクリスマスになりそう。
YO-YO/SOFFetのFAN♪
ZERO/VAAM脂肪分0
を愛飲。

★Favorite Link★

瀬戸の島じま:島の猫





★My Respect Blog★
絶賛募集中!

★PR★

クリックで救える命がある。
カテゴリ
0.四国☆同乗二人'GOD'ツアー
1.犬島'LOST'漂流記
犬ノ島'PREMIUM'ツアー
2.小豆島'DREAM'ツアー
・小豆島'OHENRO'ツアー
・小豆島'OHENRO'ツアー2
・小豆島"BUS"ツアー♪
3.前島&牛窓'return'ツアー
4.高島'STONE'絶句tour!!!
5.仙酔島&鞆の浦'POWER'ツアー
6.六島'DOG'ツアー
7.走島'ノーヘル'tour!!!
8.百島'One Hundred'ツアー
9.北木島'JUMP'ツアー
10.沖ノ島'OYAKOUKOU'ツアー
11.大飛島'koibito'ツアー
12.小飛島'60minutes'ツアー
13.魚島'Bee'ツアー
14.鬼ヶ島'sengoku'ツアー!
15.男木島'otokogi'ツアー
16.白石島'Holy'ツアー!
17.与島'Lonely'ツアー。
18.岩黒島'nyao'ツアー!
19.伊吹島'iriko'ツアー!
20.櫃石島'kiiki'ツアー!
21.情島'LOCK'ツアー
22.大久野島"rakuen"ツアー♪
23.細島"silence"ツアー♪
24.佐木島"HIMAWARI"ツアー♪
25.鵜島"uzushio"ツアー
26.神島"PRAY"ツアー♪
27.真鍋島"BREAK"ツアー♪
28.本島"HISTORY"ツアー♪
29.契島"mission"ツアー♪
30.小佐木島"Western"ツアー
31.大多府島"MOTAINAI"ツアー
32.庵治大島"ojiichan"ツアー
リアル"爆死"競馬!
笠岡ラーメンパラダイス♪
離島DEデート♪
リアル☆写真修行♪
世界の中心で・・・
笠岡諸島ブログ王選手権
アートキャンプ2009
It's virgin night♪
kaerimichi tour♪
DREAM JOURNEY(初日)
36.佐柳島"mamire"ツアー♪
37.新居浜大島"dagasi"ツアー♪
38.睦月島"hosomichi"ツアー
・六島リターンズツアー
41.鴻島"sakamichi"ツアー♪
44.家島"HOME"ツアー♪
45.男鹿島"vacances"ツアー♪
グリーグ"music"ルーツ
黎明期best
ゴエモン
アスリート
スピリチュアル
idea
学生時代best
OFFの過ごし方
旅ブログのroot
食べた!
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧